不登校の高校編入

不登校の高校編入が編入においてもっとも数が多いです。また、不登校の専門家によると、不登校解決には高校編入が有効な手段だと話す方も多いです。

しかし、不登校への理解が社会では広まっていない為に不登校の高校編入受け入れ先は少ない状態が続いています。また、不登校を受け入れても不登校対策が不十分な学校もあるので注意が必要です。再び編入しなければならない生徒も多いと聞きます。

当運営者は、通信制高校の普及を行っていますが、不登校の編入では、生活改善を行うことが有効な為に全寮制高校への編入が人気が高いです。実際、全寮制高校へ編入された保護者様へのインタビューでも改善の報告が多数あり、実証されています。不登校の状況によっては通信制高校への編入が有効な場合もありますが、全寮制高校への編入がおすすめと言えるでしょう。

第1位 青山高校(全日制・共学) 不登校対応★★★★★

青山高校は不登校の高校編入へサポートプログラム体制があり、保護者からの評価が高く全国から編入希望者が集まっている。寮生活を通じての生活改善でゼロからやり直して、仲間に囲まれた楽しい高校生活を過ごす事ができる。学習の遅れも対応しており、不登校生の9割以上が大学進学している。

⇒青山高校への編入体験談を見る

第2位 クラーク記念国際高校(通信制・共学) 不登校対応★★★★

クラーク記念国際高校は不登校でも気軽に通えるように通学スタイルとレポート提出スタイルなど複数の在籍パターンを用意してくれています。また、通信制なので3年で卒業できなくとも、期間を延長することも可能です。

⇒クラーク記念国際高校への編入体験談を見る

第3位 桜丘高校(全日制・共学) 不登校対応★★★★

桜丘高校では、進学校在籍の不登校生への高校編入へサポートプログラム体制があり、保護者からの評価が高く全国から進学校の編入希望者が集まっています。寮生活を通じての生活改善で、遅れた学習も寮での補習や個別ゼミなどでカバーしています。不登校生の9割以上が大学進学している。

⇒桜丘高校への編入体験談を見る