いじめの高校編入

いじめの高校編入では、生徒の心のケアが必要になってきます。高等学校は義務教育ではないため、いじめによる編入への対応は基本的に行われません。そこで、通信制高校で自宅学習型を選択すると人と関わる事なく高校卒業資格を取得できます。

一方で、対人関係改善のために全寮制高校などへ編入して対人関係をゼロから学ぶことも可能です。

当運営者は、通信制高校の普及を行っていますが、いじめの編入では心を閉ざした生徒が自宅学習スタイルを選択するのは教育上推薦し難い面があると言えます。仕方なく通信制高校へ編入する場合を除いては、人間関係を改善できる全日制高校への編入が最善だと言えます。

第1位 青山高校(全日制・共学) いじめ対応★★★★★

青山高校はいじめの高校編入へ心のサポートを行っており、保護者や学校関係者からの評価が高い。寮生活を通じて対人関係改善の教育が受けられるため、高校卒業までに自信を持てる。編入後は、仲間に囲まれた楽しい高校生活を過ごす事もできる高校編入。

⇒青山高校への編入体験談を見る

第2位 桜丘高校(全日制・共学) いじめ対応★★★★

桜丘高校は進学校在籍者のいじめの高校編入へ心のサポートを行っており、保護者や学校関係者からの評価が高い。寮生活を通じて対人関係改善の教育が受けられるため、高校卒業までに自信を持てる。編入後は、仲間に囲まれた楽しい高校生活を過ごす事もできる高校編入。

⇒桜丘高校への編入体験談を見る

第3位 クラーク記念国際高校(通信制・共学) いじめ対応★★★

クラーク記念国際高校はいじめでも気軽に通えるように通学スタイルと自宅学習スタイルがあります。対人関係に不安がある子にとっては、人と関わることが少ない自宅学習スタイルがお勧めです。卒業も期間を延長することが可能です。

⇒クラーク記念国際高校への編入体験談を見る